『時間外労働等改善助成金(テレワークコース)について』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『時間外労働等改善助成金(テレワークコース)について』
 …テレワークの購入をお考えの方はご検討ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近、従業員の通勤負担の軽減や、育児・介護と仕事の両立な
どの多様な働き方に対応することで生産性の向上を図るために
テレワークの導入を進める企業が増えてきました。
「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」は、テレワ
ークの導入に取組む場合に、通信機器の購入費用等の一部を補
助してくれるものです。

概要をみておきましょう。

■対象事業主
労災保険の適用を受ける中小企業・小規模事業者等のうち、テ
レワークを新規で導入するか、継続して活用する事業主が対象
です。

■支給対象となる取組
次の取組のうち1つ以上を実施することが要件となります。
(1)テレワーク用通信機器の導入・運用
(2)就業規則・労使協定等の作成・変更
(3)労務管理担当者に対する研修
(4)労働者に対する研修、周知・啓発
(5)社会保険労務士等の外部専門家によるコンサルティング

■成果目標
支給対象となる取組の実施にあたり、事業実施計画の中で設定
する「評価期間」において以下の目標の達成を目指します。
(1)評価期間に1回以上、対象労働者全員に、在宅又はサテ
ライトオフィスにおいて就業するテレワークを実施させる。
(2)評価期間において、対象労働者が在宅又はサテライトオ
フィスにおいてテレワークを実施した日数の週間平均を、
1日以上とする。
(3)年次有給休暇の取得促進について、労働者の年次有給休
暇の年間平均取得日数を前年と比較して4日以上増加さ
せる。
又は、所定外労働の削減について、労働者の月間平均所定外労
働時間数を前年と比較して5時間以上削減させる。

■支給額
上記の支給対象となる取組に要した経費の3/4以内で、成果
目標の達成状況に応じて次の金額が支給されます。

1.成果目標を達成した場合
・補助率:3/4
・1人当たりの上限額:20万円
・1企業当たりの上限額:150万円

2.成果目標を未達成の場合
・補助率:1/2
・1人当たりの上限額:10万円
・1企業当たりの上限額:100万円

詳しくは、以下の厚生労働省ホームページからご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/jikan/syokubaisikitelework.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA