24の人事の指針!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『24の人事の指針!』
…人事の基本、最適化、達観、人事制度、教育・訓練!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人が辞める、人が採れない、思うように人が動いてくれない…
経営者の人に対する悩みは尽きないはずです。ただ、自分自身
すら完全にコントロールできない人間が、他人を自分(自社)
の思い通りにすることなどそもそも不可能であることを認識し
なければなりません。もっと優秀な人が欲しい、もっと頑張っ
て欲しい…無いもの・できないことを求めるのを止めることで、
人に対する悩みは激減するはずです。悲観論ではなく、現実論
として受け入れることから始めてください。
この前提で、考え方を整理しながら、できることを順番に実施
する事しか他に方法はありません。
以下、人事の指針について24項目を掲げました。すべてに○
が付くように心がけてください。

■第1章:人事の基本!

□ 1.すべての従業員に対して公正であるよう努めている。
□ 2.従業員に対して愛と鞭を兼ね備えている。
□ 3.従業員に対して威張っていない。
□ 4.従業員に対して媚びていない。

■第2章:最適化(バランス)の検証!

□ 5.【従業員の市場価値】と【会社が支払う給与】はバラ
    ンスしている。
□ 6.【会社が従業員に求める業務】と【会社が支払う給与】
    はバランスしている。
□ 7.【従業員の能力】と【その従業員に求める業務】はバ
    ランスしている。
□ 8.よくできる人材を、薄給を承知で便利に使い続けてい
    ない。
□ 9.道理を越えた高給を支払って雇用したり、慰留したり
    していない。
□10.薄給で採用して高度な仕事を求めていない。
□11.ただただ高給を訴求して人を採用しようとしていない。

■第3章:無いもの・できないことを求めない!

□12.能力の低い人に、(精神論として)高度な仕事を任せ
    ようとしていない。
□13.薄給で優秀な人材を雇用しようとしていない。
□14.分不相応な従業員を採用しようとしていない。
□15.グレートカンパニーと普通の会社の違いを認識してい
    る。

■第4章:人事制度・業務分掌の整備!

□16.会社の業務を整理・整頓している。
□17.その業務に必要なスキルを有する従業員を求めている。
□18.その業務の市場価値を計り、適正な給与を支払ってい
る。
□19.業務上必要なルールを整備することに努めている。
□20.整備したルールは厳守してもらうよう徹底している。
□21.ルールが守られない時は、注意喚起を徹底し、時に罰
    を科している。放置していない。

■第5章:教育・訓練の実施!

□22.新たな地位に対して、十分な訓練を受けさせずに、そ
    の者を昇進させたりしていない。
□23.現在の仕事に専念している者は昇進させず、代わりに
    昇給させる、この選択肢を用意している。
□24.昇進後であっても、不適格と判断すれば戻す措置(再
    教育を含む)を講じている。

●最後に…

1.「人事は公正に」、容易ではありませんが経営者の努力目
  標です。
2.良い会社になった時に、優秀な従業員が入社します。良い
  従業員が集まるから良い会社になるのではありません。
3.「ルールを決めて厳守してもらう」、マネージメントの一
  丁目一番地です。
4.「従業員に好かれようとしない。」
  (「心に一匹の鬼を忍ばせる。〔稲盛和夫氏〕」)
5.人に対して無いものネダリをしない。

人事制度を整備する時には、人事に対する指針が必要です。指
針無き人事制度は機能しません。自社としてどうしたいのか?
百社百様のオリジナリティーも必要ですが、共通のセオリーも
存在します。
上記のチェック項目も参考にしていただいて、貴社オリジナル
な人事制度を構築してください。

貴社の人事制度構築の一助となれば幸いです。