『新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について』  …休業手当を支給されない労働者の支援が始まりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金について』
…休業手当を支給されない労働者の支援が始まりました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」は、新
型コロナウイルス感染症およびそのまん延防止の措置の影響に
より休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に休業手
当を受けることが出来なかった労働者に対して直接支給される
ものです。
事業主経由で申請書を提出する方法もありますが、労働者本人
が申請するにあたって事業主による休業の証明を求めてくる場
合もあります。

概要をみておきましょう。

■対象となる休業
事業主の命による休業が対象となります。
労働者本人の事情(年次有給休暇、育児休業、介護休業、病気
による欠勤等)によって就業していない日は対象となる休業に
該当しません。

■対象者
令和2年4月1日から同年9月30日までの間に休業し、休業
中の賃金(休業手当)を受けなかった中小企業の労働者が対象
となります。
※雇用保険に加入していないパート・アルバイトの方も対象に
なります。

■支援金額の算定方法
(1)休業開始前賃金日額の算定
支援金額の算定にあたっては、まず、休業開始前の6か月のう
ち任意の3か月分の賃金(月ごとの給与の総支給額)を90で
除して休業開始前賃金日額を算定します。

(2)支援金・給付金日額の算定
休業開始前賃金日額に給付率(0.8)を乗じて支援金・給付
金日額を算定します。
※1日当たりの上限は11,000円です。

(3)支給金額の算定
支援金・給付金日額に(対象となる月の歴日数-就労した日数
または労働者の都合で休んだ日数)を乗じて支給金額を算定し
ます。

■申請にあたっての必要書類
申請にあたっては次の書類が必要となります。
・運転免許証、マイナンバーカードの写し等の本人確認書類
・通帳の写し等の振込先口座の確認できる書類
・給与明細、賃金台帳の写し等、休業前・休業中の賃金の支払
状況が確認できる書類

■支給申請期限
支援金・給付金の支給申請期限は、令和2年6月分までの申請
期限は同年9月30日まで、同年7月分からの申請期限は、各
月ごとに当該月の翌月1日から、当該日から起算して2か月経
過後の日の属する月の末日(例えば、令和2年7月分の申請期
限は同年10月31日)となります。

詳しくは厚生労働省のホームページをご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/kyugyoshienkin.html

〇補助金・助成金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正
会員事務所である当事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

■お問い合わせ先
【 石田雄二税理士事務所 info@kaikeisanbo.com 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様!
廉価で『財務部長代行』をお引き受けします!
…お金の心配をしない経営を本気で目指しませんか!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様へ!
・財務部長が月額数万円~!
・お金の心配をしない経営を本気で目指す!
・財務支援のプロフェッショナル『新・税理士』が貴社の財務
部長の代行を務める『資金繰り円滑化サービス』のご案内!

■ サービスの概要
中小企業に特化した財務戦略及び金融機関対応の訓練を受けた
銀行融資プランナー「新・税理士」が、貴社の財務部長として、
中長期的な資金繰り管理と金融機関対応(資金調達)を主体的
に行います。単なるアドバイスではありません!

■ サービスの流れ
期首:経営分析・経営課題の抽出・今期資金繰り目標設定
毎月:資金繰り状況の管理
定期:定例資金繰り管理会議
随時:融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明

■ 導入の効果
1.脱どんぶり勘定!
~資金繰りシミュレーションにより正確な経営判断ができるよ
うになります。例えば、「販売価格の値上げ(値下げ)」
「人員の雇用」「設備投資」等の経営判断が資金繰りに与える
影響を、数値で把握できるようになります。
2.手間いらず!
~金融機関向けの資料を作成する手間が省けます。
3.任せて安心!
~金融機関の考え方を熟知した銀行融資プランナーが金融機関
対応を行います。
4.資金調達力向上!
~経営品質の向上により金融機関からの信頼度が上がります。

○ サービス名:資金繰り円滑化サービス
○ サービス内容:キャッシュフローの番人業務(財務部長代行業務)
○ 具体的な業務の内容:近未来の資金繰り予測と様々な財務・
金融機関対応、財務部長的な業務全般
1.経営分析シートの作成(年1回)
2.資金繰り表の作成(毎月)
3.資金管理会議の開催(毎月/3ヶ月毎/6ヶ月毎)
4.積極的な銀行対応支援(随時)
○ サービス料金:資金管理会議の頻度で変わります。
月額数万円~お見積りします。

我々は、『新・税理士』です。『新・税理士』は、貴社の財務
部長代行業務を廉価で行います。
まずは、お問い合わせください。

【 石田雄二税理士事務所 info@kaikeisanbo.com 】