『IT導入補助金(特別枠)の第6次公募について』 …新型コロナ対応にITツールの活用をお考えの方はご検討   ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『IT導入補助金(特別枠)の第6次公募について』
…新型コロナ対応にITツールの活用をお考えの方はご検討
ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

IT導入補助金の「特別枠」(C類型)は、新型コロナウイル
ス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、
・サプライチェーンの毀損への対応
・非対面型ビジネスモデルへの転換
・テレワーク環境の整備
に取り組む事業者によるITツール(ソフトウエア、サービス
等)の導入時に活用できる補助金です。
第6次の公募締切日は2020年8月31日です。

概要をみておきましょう。

■ 補助対象事業者
日本国内で事業を行う中小企業・小規模事業者等が対象です。

■ 補助対象要件
新型コロナウイルス感染症の影響に対応する以下の取組を含め
て、生産性の向上を図るために、事務局(一般社団法人サービ
スデザイン推進協議会)が認定した「IT導入支援事業者」が
登録するITツールを導入する事業が対象となります。

(1)サプライチェーンの毀損への対応
顧客への製品供給を継続するために必要なIT投資を行うもの。

(2)非対面型ビジネスモデルへの転換
非対面・遠隔でのサービス提供が可能なビジネスモデルに転換
するためのIT投資を行うもの。

(3)テレワーク環境の整備
従業員がテレワークで業務を行う環境を整備するために必要な
IT投資を行うもの。
※2020年4月7日以降にITツール導入の契約をし、その
後、交付申請までの間に当該ITツールとそれを提供するIT
導入支援事業者が事務局に登録される等の遡及申請も可能です。

■ 補助対象経費
あらかじめ事務局に登録されたITツールの導入に係るソフト
ウエア費、ハードウエアレンタル費等が対象となります。

■ 補助金額
対象となるIT導入費用の2/3以内で、下限額30万円から
上限額450万円が支給されます。

■ 申請要件
申請にあたっては、給与支給総額の増加や労働生産性の向上を
目標とする事業計画書の作成とあわせて、以下のような事前準
備が必要です。

(1)独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する「SE
CURITY ACTION」の要件である「情報セキュリティ対
策5か条」に取り組むことへの同意

(2)gBizIDプライムアカウントの取得
※アカウントの取得については以下のホームページからご確認
ください。
https://gbiz-id.go.jp/top/

詳しくは以下のホームページ、公募要領からご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/

【公募要領】
https://www.it-hojo.jp/r01/doc/pdf/R1_application_guidelines_second_tokubetsuwaku.pdf

〇補助金・助成金に関するご相談は銀行融資プランナー協会正
会員事務所である当事務所にて承っております。
お気軽にご相談ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

■お問い合わせ先
【 石田雄二税理士事務所 info@kaikeisanbo.com 】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様!
廉価で『財務部長代行』をお引き受けします!
…お金の心配をしない経営を本気で目指しませんか!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小規模企業・中小企業・創業間もない企業の経営者様へ!
・財務部長が月額数万円~!
・お金の心配をしない経営を本気で目指す!
・財務支援のプロフェッショナル『新・税理士』が貴社の財務
部長の代行を務める『資金繰り円滑化サービス』のご案内!

■ サービスの概要
中小企業に特化した財務戦略及び金融機関対応の訓練を受けた
銀行融資プランナー「新・税理士」が、貴社の財務部長として、
中長期的な資金繰り管理と金融機関対応(資金調達)を主体的
に行います。単なるアドバイスではありません!

■ サービスの流れ
期首:経営分析・経営課題の抽出・今期資金繰り目標設定
毎月:資金繰り状況の管理
定期:定例資金繰り管理会議
随時:融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明

■ 導入の効果
1.脱どんぶり勘定!
~資金繰りシミュレーションにより正確な経営判断ができるよ
うになります。例えば、「販売価格の値上げ(値下げ)」
「人員の雇用」「設備投資」等の経営判断が資金繰りに与える
影響を、数値で把握できるようになります。
2.手間いらず!
~金融機関向けの資料を作成する手間が省けます。
3.任せて安心!
~金融機関の考え方を熟知した銀行融資プランナーが金融機関
対応を行います。
4.資金調達力向上!
~経営品質の向上により金融機関からの信頼度が上がります。

○ サービス名:資金繰り円滑化サービス
○ サービス内容:キャッシュフローの番人業務(財務部長代行業務)
○ 具体的な業務の内容:近未来の資金繰り予測と様々な財務・
金融機関対応、財務部長的な業務全般
1.経営分析シートの作成(年1回)
2.資金繰り表の作成(毎月)
3.資金管理会議の開催(毎月/3ヶ月毎/6ヶ月毎)
4.積極的な銀行対応支援(随時)
○ サービス料金:資金管理会議の頻度で変わります。
月額数万円~お見積りします。

我々は、『新・税理士』です。『新・税理士』は、貴社の財務
部長代行業務を廉価で行います。
まずは、お問い合わせください。

【 石田雄二税理士事務所 info@kaikeisanbo.com 】